本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 看護部  > 看護部の紹介  > 教育プログラム

教育プログラム

1 教育目的
2 基本方針
3 教育計画
4 看護教育制度 (研修プログラム・新人看護師教育)


1 教育目的

生命を尊重し、人に対して謙虚で誠実な姿勢で看護を提供できる看護職員を育成する             

2 教育基本方針

生命を尊重し、人に対して謙虚で誠実な姿勢で看護を提供できる看護職員を育成する
”看護職員一人ひとりが看護を通して、高い倫理観の元、豊かな感性と、看護の専門分野を探索、修得し、看護実践能力の質向上を図る”

平成28年度教育方針

  1. 継続した看護の提供に向け、継続受け持ち看護師の責任と役割を果たせるよう、患者・家族への深い関心を持ち、看護実践能力の向上を図る
  2. 新人の教育環境を整え、安心・安全な看護実践ができるようになる
  3. 自ら学び成長するための「気づき」の教育を強化する
  4. 目標管理に基づき看護職員個々が主体的に自らのキャリアを向上させるよう支援する

看護実践能力の段階

看護実践能力の4つの段階は、看護実践能力・組織的役割遂行能力・自己教育・研究能力の3つの側面より構成されている(日本看護協会「研修の段階設定」参照)

段階Ⅰ卒後年数の目安
(新人~卒後2年)
  • 指導や教育のもとで、基本的な看護を安全に実践できる
  • 指導を受けることにより、自己の学習課題を見つける事ができる
段階Ⅱ卒後年数の目安
(卒3年~卒4年)
  • 看護実践の場面において単独で看護を提供できる
  • チームリーダー的役割や責務を認識し遂行できる 
  • 自己の学習課題に向けた学習活動を展開できる     
段階Ⅲ卒後年数の目安
(卒5年~卒6年)
  • 後輩に対して看護実践のモデルを示す事ができる
  • 指導的役割を発揮できる
  • 組織活動を理解し、状況に応じたリーダーシップを発揮できる
段階Ⅳ卒後年数の目安
(卒7年以上~主任)
  • 知識、技術を統合した看護実践ができる
  • 所属を超えてリーダーシップを発揮でき、人間関係・職場の活性化を促すことができる
  • 自己の学習活動はもとより組織的な教育・研究活動を主体的に実践できる
専門・認定看護師
看護管理
【専門、認定】 
  • 看護の特定領域においてリーダーシップを発揮し助言者としの役割を果たせる
  • 研修を積み重ね専門領域における知識、技術の改善、開発ができる
  • 専門領域における豊富な経験を活かし、院内の要請に応じて助言者の役割が果たせる
【管理】
  • 看護管理者としての役割を果たせる 
  • 研修を積み重ね看護管理能力の開発ができる
  • 看護管理における豊富な経験を活かし、院内の要請に応じて助言者の役割が果たせる

段階別特別教育プログラム(PDFダウンロード)


3 教育計画

キャリア開発ラダーと教育計画(院内・院外) PDFダウンロード


4 看護教育研修制度 (研修プログラム・新人看護師教育)

看護師育成の教育基本方針として、人権を尊重する心を育み、看護の専門知識・技術の習得を基本とした継続教育を行っています。
 継続教育はキャリア開発ラダーを用い、看護師個々の習熟段階を評価し、看護実践能力のレベルアップを図ることができる研修カリキュラムで実施しています。また、自ら学び成長するための「気づき」を養うため、シャドー体験学習等を取り入れ、研修生が自ら気づき、課題発見力、自分で考える力、アセスメント力を高めるようポートフォリオやプロジェクト学習を導入しています。

研修プログラム

<平成28年度研修のカテゴリーと主な内容>

カテゴリー      内     容
段階Ⅰコース
(新人・卒2看護師)
・基礎看護技術・ICLS・救急看護・プロジェクト学習・シャドーイング
・看護記録(電子カルテ)医療安全・感染管理研修
・患者参画型看護・看護過程
・フォローアップ研修(メンタルヘルスケア)
・リフレッシュ研修  ・サマー研修
・フィジカルアセスメント研修
・看護リフレクション
段階Ⅱコース・リーダーシップ1・看護リフレクション・看護研究
・プリセプターシップ・コーチング研修 など
段階Ⅲ・Ⅳコース・リーダーシップ2研修
・目標管理 ・コーチング など
・キャリアアップ研修(徳洲会グループ)
マネジメントコース・副主任研修(目標管理・問題解決技法など)
・師長・主任研修(看護マネジメントリフレクション)
全体研修
(全看護師対象)
・医療安全・感染管理・NST・褥瘡・災害看護
・ウォーキングカンファレンス・エンゼルメイク
・看護必要度・トピックス・看護研究発表会など
看護補助者・クラーク介護技術・感染管理など
途中入職者・エンゼルメイク  ・看護リフレクション

新人看護師教育

プリセプターシップとメンターシップを導入しています。新人看護師の皆さんがスムーズに職場に適応できるように、また、専門職として必要な知識や技術が習得できるよう、新人看護職員研修ガイドラインに基づき、集合教育と共に職場教育を通して支援します。メンター(先輩看護師)が、新人の皆さんを援助し、味方となり、指導し、相談にのります。

【基礎看護技術・リスク研修】
看護技術に対する不安を少しでも軽減できるように、入職時から1ヶ月基礎看護技術や機械の取り扱い方などの演習を行っています。テクニカルチェックファイルを活用し、修得状況をしっかりサポートします。また、新人看護師だけの安全教育も実施し、事故防止に努めています。
【他部門研修・ローテーション研修】
病院の組織とチーム医療を学び、他職種との連携を深めるために、薬局・検査・放射線・リハビリ・栄養科・ME・透析センター・外来・手術室・訪問看護などの研修を行なっています。また、4つの病棟を1週間ずつ体験し、技術を深めた後、6月から自分の望む職場を選択することができます。
【リフレッシュ研修】
同期に入職した仲間と体も心もリフレッシュ!6月は静岡空港から沖縄へと飛びます。8月には、サマー研修が予定されています。
【フォローアップ研修】
看護支援室の名波まり子室長が担当しています。新人のメンタルケアを含むフォローアップ研修を、7月・10月・1月の年3回行っています。日頃、疑問に感じたり、悩んでいることについて自由に話し合う場となり、研修生からも好評です。
【プリセプター制】
ステップ2のナースがプリセプターとして役割を発揮しています。「承認」や「効果的な助言の仕方」などコーチングの学習をプリセプターのみでなく、職場全体でしています。