医療法人徳洲会 榛原総合病院

  • 0548-22-1131
  • 〒421-0493 静岡県牧之原市細江2887番地1

文字サイズ:

診療科・部門

放射線科

診療放射線科のご紹介

放射線科技師長

放射線技師 副技師長
深津 信央(フカツ ノブオ)

Ⅹ線などを利用して画像情報を作り出す検査や、高エネルギー放射線を使用しての放射線治療をおこなうことを業務にしています。
心臓カテーテル検査装置、核医学検査装置、骨密度測定装置を更新し地域に貢献できる体制を作れるよう努めていきます。

業務風景

業務写真1
業務写真2

検査内容

機器紹介

Ⅹ線装置・立位CR 4台
Ⅹ線装置・臥位ブッキーテーブル 3台
パノラマⅩ線撮影装置 1台
乳房Ⅹ線撮影装置 1台
回診用Ⅹ線装置 2台
透視Ⅹ線撮影装置 2台
骨密度測定装置 1台
CT装置 (320列) 1台
MRI装置 (1.5T) 1台
(0.4T) 1台
RIシンチカメラ 1台
血管撮影装置 頭部・腹部 1台
心臓 1台
医療用直線加速装置 1台
放射線治療Ⅹ線シミュレーター 1台
放射線治療CTシミュレーター 1台
胸部検診バス 1台
胃部検診バス 1台

X線検査

当院のX線検査は一般撮影4台、歯科撮影1台、乳房撮影1台にておこなわれています。撮影された画像はすべてデジタル画像としてフイルムレスで各科に送られます。
デジタル処理されることにより、撮影された画像がすぐ確認でき、画像処理(コントラストや濃度などの変調)ができるため、待ち時間の短縮や低被ばくで撮影できます。

KONICA社製 REGIUS MODEL 350

KONICA社製
REGIUS MODEL 350

胸部正面

胸部正面

腰椎2方向

腰椎2方向

X線透視検査

HITACHI社製 TU3000 (DR)

HITACHI社製
TU3000 (DR)

胃部バリウム検査

胃部バリウム検査

大腸検査

大腸検査

X線透視検査はX線を出しながら体の中の臓器や骨の様子が観察できる検査です。代表的なものでは造影剤を使いおこなわれる胃部検査や大腸検査があります。

造影剤とは

造影剤(ぞうえいざい)とは、X線撮影するときに特定の臓器を強調して撮影したいときに使用する薬剤です。使用する方法は口から飲んでいただく場合や腕などの血管に針を刺して入れる場合などいろいろな場合があります。
使用にあたっては諸注意等をお話したうえで使用します。不明な点がありましたら担当者にお尋ねください。

骨密度検査(DEXA法)

骨密度測定装置 Hologic社製 Horizon Ci

骨密度測定装置 Hologic社製 Horizon Ci

Ⅹ線を使用して腰椎や股関節などの骨の密度を測ります。骨粗鬆症の判定ができます。検診でも受けられる検査です。
当院では基本的に腰椎と股関節の二部位で測定を行っています。
該当部位に金属等入っている方は担当者にお知らせください。
骨粗鬆症とは骨がスカスカになって骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。
女性の閉経後のホルモンバランスの影響や食生活、運動不足などにより骨が弱くなる可能性が指摘されています。
検査時間は 撮影時間と画像解析などで約10分~15分程度です。

乳房Ⅹ線撮影

乳房撮影装置 HOROGIC社製 LORAD M-IV

乳房撮影装置
HOROGIC社製
LORAD M-IV

マンモグラフィとは

乳房専用のⅩ線装置のことをマンモグラフィといいます。
マンモグラフィは、乳がんをはじめ乳房にできる病気を見つけることができます。特に、しこりとして触れることのできない早期乳がんのサインである石灰化(砂粒のように見えるもの)を鮮明に映し出せるのが大きな特徴です。

検査方法

板状のもので乳房をはさみ、圧迫して撮影します。
左右それぞれ上下と斜めの2方向から計4回(検診では斜め1方向のみの場合があります)行います。
乳房を圧迫することで乳房を薄くひきのばし、病変を鮮明に写し出すことができ、さらにⅩ線の被ばく量を減らす事ができます。

CT検査

CTとはコンピューター断層装置の略語で、X線を使用して体の断面の画像を作り、診断情報を得る検査です。当院では320列CTが稼動しています。

CT装置 TOSHIBA MEDICAL SYSTEMS社製 Aquilion ONE

CT装置
TOSHIBA MEDICAL SYSTEMS社製
Aquilion ONE

320列エリアディテクターCTの特長

  1. 単位相の撮影であれば、1回転のスキャンで検査が終了します。
  2. 複数の位相を撮影することで、アンギオ装置のような血管の流れの様子が把握できます。
  3. 複数相撮影した画像を加算・減算することで、骨抜きが簡単におこなえたり、複数時相の画像の重ね合わせやパフュージョンの融合など、さまざまな画像が得られます。
  4. ヘリカル撮影によるタイムラグのあるスライスをつなぎ合わせたものとは異なり、広範囲をタイムラグなしで撮影したボリュームデータ。これを時系列に並べた動的解析により、臓器全体の機能診断が可能となります。
  5. 心臓においては、同一心位相・同一造影時相で心臓全体を撮影することができます。
  6. 検査による被ばくを低減,心臓検査では約1/4に低減可能です。
  7. 撮影時間が短縮できるため、造影剤の低減が可能です。

CT検査の例

頭頚部血管/心臓全体像(0.35秒)

頭頚部血管/心臓全体像(0.35秒)

心臓(冠動脈血管展開像)/ 全身

心臓(冠動脈血管展開像)/ 全身

MRI検査

当院では1.5T(テスラ)と0.4TのMRIがあります。
MRI検査とは強い磁石と電波を使い体の断面の画像をつくり、診断画像を得る検査です。CT検査との大きな違いは放射線の被ばくがないことやCTでは得ることのできない断面層が得られます。
MRI装置は強力な磁石を使用している為、金属類を持ち込むことができません。体内に金属等ある方はスタッフまでお知らせください。
また、当院では全身DWIBS検査にも対応しています。DWIBS撮影とは、拡散強調画像を用いてPET検査と同様な画像を得ることにより、悪性腫瘍の位置や大きさなどが分かる近年注目を浴びている撮影法です。

PETと比べ

  1. 被ばくがない
  2. PETよりも高分解能
  3. PETに比べ安い
  4. 非侵襲性

などの利点が挙げられます。

Philips社製 Intera 1.5T Nova 1.5T(テスラ)

Philips社製
Intera 1.5T Nova 1.5T(テスラ)

左から 頭部 / 頭部MRA / 腰椎

左から 頭部 / 頭部MRA / 腰椎

全身DWIBS画像

全身DWIBS画像

Q&A

Q1.MRI検査を受けるときにはどんな準備が必要ですか?
検査前日や当日に準備しておくことは特にありません。
ただし、検査によっては前日より食事を制限される場合がありますので、医師や技師の指示に従ってください。
Q2.検査時間はどれ位ですか?
検査部位や撮影の種類にもよりますが、30分程度で終了します。
造影剤などを使用した場合は1時間くらい必要な場合もあります。
Q3.MRIのテスラとはなんですか?
磁力の大きさをあらわす国際単位です。
現在、臨床で使用されているMRIは、0.2~3.0テスラまであり、その数値が大きいほど、質の高い画像を描出することが出来ます。また、検査時間の短縮も期待できます。

血管撮影検査

当院では多目的血管撮影装置1台(頭部・腹部など)と心臓血管撮影装置1台が稼動しています。
血管撮影では体のさまざまな部分の血管の状態を観察し、必要に応じてカテーテルを使用して治療をおこなう検査です。
当院では心臓カテーテル検査や腹部カテーテル検査などをおこなっています。

多目的血管X線撮影装置 GE社製 INNOVA IGS630

多目的血管X線撮影装置
GE社製 INNOVA IGS630

TOSHIBA社製 INFX-8000V/JE

TOSHIBA社製
INFX-8000V/JE

左:左冠動脈 / 右:右冠動脈

左:左冠動脈 / 右:右冠動脈

Q&A

Q1.血管撮影検査とはどんな検査ですか?
足の付け根や手首などの血管から、カテーテル(約1~2mmの管)を挿入し、造影剤を注入して血管の走行や状態を見る検査です。また挿入したカテーテルを利用して、狭くなった血管を広げたり、腫瘍を栄養している血管の血流をとめる治療などもおこなわれます。
Q2.検査時間はどのくらいですか?
各検査の目的により検査時間は異なります。血管走行などの観察目的でしたら30分~1時間程度になります。血管などを広げる治療目的になりますと数時間かかる場合があります。

放射線治療

病変に高エネルギー放射線を照射する治療法です。
最近では、手術や薬物療法、IVRと組み合わせることで、一段と優れた治療成績がでています。
当院ではよりよい精度で照射ができるようCT一体型放射線治療装置(フォーカルユニット)にしています。
CTを照射直前に撮影することにより精度の高い治療ができ、脳腫瘍や肺癌などに、ピンポイントで大線量をかけることで、手術と同程度の治療効果が得られます。

放射線治療計画画像

放射線治療計画画像

放射線治療計画3D画像

放射線治療計画3D画像

核医学(RI)検査

放射性同位元素(RI:アイソトープ)と呼ばれる放射線を出す物質を含んだ薬品(放射性医薬品)を注射などにより体内に投与し、RIシンチカメラで体内から出てくる放射線を検出します。それを画像化する検査です。
検査部位は全身に対応しています。頭の血流測定、認知症、心臓、腫瘍、前立腺、全身骨等の細かい検査が可能です。

SPECT装置 GE社製Discovery NM630

SPECT装置
GE社製Discovery NM630

全身骨シンチ

全身骨シンチ

Q&A

Q1.核医学(RI)検査とはどんな検査ですか?
必要な放射性医薬品を静脈より注射し、数分~数時間後ベッド上に仰向けに寝ていただき、カメラを体の近くで動かし検査します。検査の薬によっては数日後もう一度来院していただき検査する場合があります。
Q2.検査前に準備することはありますか?
検査の精度を良くするために、検査前に食事制限をしていただいたり、投薬などの前処置が必要な場合があります。検査前の医師からの検査説明をうけて、不明な点がありましたら問い合わせください。
Q3.検査後は普段通りの生活でよいのですか?
検査後に特別な制限はありません。検査での放射性医薬品は数日で弱まります。また薬は尿より排泄されます。水分を多めに摂取し体から排泄するようにしてください。

担当医のご紹介

  • 非常勤
  • 大西 洋(オオニシ ヒロシ)
役職 非常勤
資格・専門医 日本医学放射線学会専門医(放射線治療)
日本放射線腫瘍学会認定医
日本放射線科専門医会副会長
日本放射線腫瘍学会健保副委員長
所属学会 日本医学放射線学会
日本放射線腫瘍学会
  • 非常勤
  • 栗山 健吾(クリヤマ ケンゴ)
役職 非常勤
閉じる